スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーション名のフィックス

1pt刻みの解呪ポーションを作成する際、右の画像のように、「解呪XXXpts」というポーション名を付けた。
たとえば規模101ptsなら「解呪101pts」として作成し、重量0.05でフィックス。
以降規模101ptsの解呪ポーション作成時は、「解呪101pts」という名称にすれば、どんな材料を使っても重量は0.05になる、というのは錬金術の基本中の基本だ。

このときうっかり「解呪」という初期名のまま、2本目のポーションを作成してしまった。
すると何故か「解呪101pts」という名称の、重量0.05のポーションができた。
恐らく、ポーション名自体が、「101pts」を付加した状態でフィックスした、ということだろう。

重量が重い、失敗作ポーションを作成してしまった場合、名前を変えればより軽い、新しいポーションができる。
しかし、付ける名前によっては勝手に旧名に補完されてしまい、重量も軽くできない、という弊害が起こる可能性があるわけだ。

そこでポーション名のフィックス条件について調べようと思ったのだが、思ってもいない例外もあり、結局いまいちよくわからなかった。
結論から言えば、ポーションに名前を付ける際には、以下のような点に注意するとよいかもしれない、という曖昧で頼りない話である。





確認内容



確認した名称

ポーションの名前は自由に命名できるため、「体力回復」や「軽量化」などの初期名(1番上の効果名が自動付与される)をベースとし、前後に文字列を付加する、という場合を確認してみた。
それでも全ての効果名を確認するのは面倒だったので、確認したのは以下の初期名のみである。

《規模あり服用薬》解呪、軽量化、体力回復、スタミナ回復、麻痺耐性アップ
《規模なし服用薬》解毒、疾病退散、麻痺治療
《規模あり塗布毒》負担、体力減退、炎ダメージ
(ポーションの種別や文字数が結果に関係するかもしれないと思い、これらを抽出してみた)




確認パターン

1.初期名の前に文字を付加した場合
1-1.「半角文字+初期名」で1本目を作成後、「初期名」で2本目を作成
1-2.「全角文字+初期名」で1本目を作成後、「初期名」で2本目を作成
1-3.「初期名」で1本目を作成後、「半角文字+初期名」で2本目を作成
1-4.「初期名」で1本目を作成後、「全角文字+初期名」で2本目を作成

2.初期名の後に文字を付加した場合
2-1.「初期名+半角文字」で1本目を作成後、「初期名」で2本目を作成
2-2.「初期名+全角文字」で1本目を作成後、「初期名」で2本目を作成
2-3.「初期名」で1本目を作成後、「初期名+半角文字」で2本目を作成
2-4.「初期名」で1本目を作成後、「初期名+全角文字」で2本目を作成

 ※付加した文字はいずれも適当に選んだ1文字のみ




1.初期名の前に文字を付加した場合

これについては、半角・全角問わず、すべて別のポーションとして扱われた。
つまり、「1解呪」や「あ解呪」などを作成した後に「解呪」という名前のポーションを作ることができたし、その逆も可能だった、ということだ。

ただし、半角文字については、(恐らく)すべての文字が同じものとして扱われ、さらに文字数の違いについても補完されてしまうようだ。
つまり、「1解呪」を作成した後に「a解呪」を作成しようとすると、「1解呪」ができてしまう。
また、「1解呪」の後に「11解呪」を作成しようとしても、「1解呪」ができてしまうのだ。




2.初期名の後に文字を付加した場合

こちらは半角・全角に明らかな違いがあり、さらに一部の例外もあるという複雑な結果となった。

半角文字を付加した場合、一度作成したポーションであれば、半角文字は省略OKになるようだ。
1本目を「解呪1」という名前で作成し、2本目作成時に「解呪」という名前にしようとすると、自動的に「解呪1」ポーションが作成される。
逆に、1本目を「解呪」という名前で作成し、2本目作成時に「解呪1」という名前にしようとすると、自動的に「解呪」ポーションが作成される。

さらに、ここでも半角文字には補完作用があるらしく、「解呪1」の後に「解呪a」や「解呪11」を作成しようとしても、「解呪1」ができてしまった。

全角文字の場合、基本的には別のポーションとして扱われた。
つまり「解呪あ」の後に「解呪」を作ることができたし、その逆も可能だった、ということだ。

ただし、これには例外があって、付加した全角文字が補完される場合があったのである。
確認した中では「体力減退」と「疾病退散」の後に全角文字を付加した場合のみ、省略OKとなった。
つまり、「体力減退」の後に「体力減退あ」を作成しようとしても、「体力減退」ができてしまう。
その逆も同様で、1本目を「体力減退あ」にすると、2本目で「体力減退」にしようとしても「体力減退あ」になってしまった。

ポーションの種別(服用薬or塗布毒)で分けられる訳でもなく、初期名の文字数によるわけでもない。
何故このような例外があるのか、理由はまったくの不明である。





おまけ~名前のソートについて~



半角文字は、名前順では上位に来るようになっているため、ポーション名の冒頭に半角文字を入れておくと自作ポーションが上に配置されるように工夫できる。
しかし、ソート時には半角文字で始まるかどうかのみが重要で、文字や文字数は無視されるようだ。
つまり、1~9のような番号を冒頭に付加しても、番号順に並ぶとは限らないし、半角文字を複数入れても意味はない。

ただしこれは箱などの収納から出し入れするとまた並び順が変わることもあり、不確定な要素が多い。

スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。