スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷気3層ダメージボール

冷気の特性を利用し、消費マジカは抑えながらも威力500pts相当を期待できる魔法。
ただし距離による減衰などもある。
この魔法の原理などはこちらに記載しているので、ご一読を。

使用時は非常に誤爆しやすいことに注意。



□効果

冷気ダメージ 遠距離 3pts 30ft 6秒~
魔法耐性ダウン 遠距離 100pts 30ft 2秒
炎耐性ダウン 遠距離 100pts 20ft 1秒
雷撃耐性ダウン 遠距離 100pts 20ft 1秒
炎ダメージ 遠距離 25pts 10ft 1秒
雷撃ダメージ 遠距離 25pts 10ft 1秒
体力低下 遠距離 100pts 10ft 1秒

 (全魔法スキルレベル100時の消費 … 109~)



うまく当てれば炎と雷撃は6倍となり、25×6+25×6=300pts相当、体力低下は2倍の200pts相当のダメージが見込める魔法。
が、実際には冷気の減衰という特性から、与えられるダメージはかなり下回る場合もある、と考えたほうがよいだろう。
(体力低下を2秒に設定していないのも、あまり厳密なダメージ値を期待する魔法ではないためだ)

魔法を放つ際は、近すぎず遠すぎずの位置で、中央10ft部分を敵に当てるように使うこと。
召喚クリーチャーなどを相手に、何度か試してクリティカル位置を確認しておくとよい。
自分が試してみた感じだと、生命探知20ft効果範囲のギリギリ外側くらいがクリティカル位置のようだ。
(生命探知の範囲は半径なのか直径なのかわからないが)

照準位置に敵がいない状態で放つようにすれば、エフェクトが消えるまで飛んでいく。
距離による威力減衰を少なくしたい(≒もっと飛距離を伸ばしたい)という場合には、冷気ダメージの持続を長く設定しよう。
(中距離で使う分にはレシピの秒数で十分だと思うが、設置トラップとして使うことは無理だろう)



照準位置に敵がいない状態で魔法を放った場合。
手前の敵をかすめつつ、冷気の球が飛んでいくため、奥の敵にもダメージが入る。
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。PSユーザーですが、以前からこちらのサイトを参考にさせていただいています。
最も無双できる魔法を考えて、私も講呪していましたが、ほぼ同様の形になりました。
ただ、やはりダメージが安定しませんね。特に足が速くて突っ込んでくるタイプ、
スタップやクランフィアにはほぼ直撃しない(スライドヒットしない)ように感じます。
幸いコストがかなり低く済むので、規模、範囲を大きく、耐性ダウンの持続を長くしても
無限魔法の範囲に収まるため、連発し、狙撃→トラップと使い分けるのがよさそうです。
面白みには欠けますが・・・

Re: No title

コメントありがとうございます。
冷気魔法は試行回数はかなり重ねているのですが、実戦での使用回数はまだまだ少なくて、敵ごとの使用感はつかめていなかったり…
なので実際に使っている方の情報はとても参考になります。

クランフィアは確かにすぐに距離をつめてきますし、オブリ門内だと移動経路がわかりづらかったり(見えない段差のせい?)するので、うまく当てるのが難しいかもしれませんね。
かといって連発して呪文反射タイプの敵に当たったらと思うと…
(反射対策が難しい点も、冷気魔法の厄介なところですね)

No title

言われてみれば反射対策はしていませんでした。
普段ブレ娘で耐性を上げているせいですね。
耐性100超えてしまうと、耐性ダウンを弾くため、対策が不要ですからね。

解呪を入れても1secの炎雷ダメージは通ってしまいそうですね。
耐性アップか呪文反射を講呪に組み込んで、アンデッッドダンジョンに潜って、
リッチに打ち込んでみます。

Re: No title

ブレトンだったら魔法耐性50追加すればいいだけですから、その線で考える方が妥当ですよ、やっぱり。

解呪だと遠距離魔法には適用できなかったと思いますし、耐性アップを組み合わせる場合は冷気ダメージのエフェクト残存時間を考慮しないといけないので、ちょっと面倒な気がします。

幸い、敵から全ての効果を反射されることなんて滅多にないので、致死量に至るダメージを喰らうことは少ないのですが…
プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。