スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中盤からの鍛冶・重装備・軽装備スキルのレベル上げ

この方法は、鍛冶スキルレベル50に達した後、比較的楽に100まで上げられる方法。
自分の場合はさらに、重装備・軽装備上げにも役に立った。



まず序盤、闘技場に戦士としてエントリーを済ませておく。
このとき、重装鎧、軽装鎧のいずれかを選び入手できる。

が、実は闘技場の棚にそれぞれ10セットずつ入っており、これらは自由に使ってよいのだ。
しかも、3日程度でリスポーンする。
この鎧が重要なので、とにかく序盤からこの鎧をできるだけ集めておく。
持てるだけ持って、ウェイノン修道院など、自分の箱に入れておけばOK。

実際の戦闘でも、この鎧を頻繁に使って、ボロボロの状態にしておく。
闘技場の鎧は、マジックアイテムなので鍛冶スキルが低いと修理できないが、たくさん集めれば使い捨て感覚で使える。
しかしこの鎧たちは決して捨ててはいけない。
ボロボロに消耗しきった状態で、大切に保管しておくのだ。

 ちなみに、戦闘でボロボロにするのに自分が愛用した場所はセルセン。
 山賊に囲まれてボコボコにされるだけで、鎧はボロボロになるし、重装備・軽装備もどんどん上がる。
 途中で鎧が完全に壊れてしまうこともあるので、予備の鎧を複数持って行ったりした。


そして鍛冶スキルレベル50に達したら、貯めに貯めた鎧たちを一気に修理していこう。
修理するとわかるが、明らかに、鉄鎧や皮鎧などとは手ごたえが違う。
修理した鎧は、また箱にしまっておく。

さらに鍛冶スキル75に達したら、今度は耐久値100から125まで修理できるようになる為、もう一度鎧たちを修理する。
貯めておいた鎧の数にもよるだろうが、かなりのペースでレベルアップするはずだ。
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。