スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自殺の丘」の亡霊 - GOTYプレイ日記28

今回は「自殺の丘」の亡霊イベントについてのネタバレ記事です。
まだこのイベントを終わらせておらず、さらに攻略サイト等を見たら負けな気がする、という人は見てはいけません。




「自殺の丘」の亡霊



GOTY発売前、そしてプレイ中の今も、シヴァリング・アイルズ関係のネタバレ話は見聞きしないように気をつけているが、逆に入念に調べておいたこともある。
追加される錬金材料と、魔法である。

錬金材料は、早く新しいレシピを考えておきたい、という理由からだが、魔法のほうは、SIでどんな魔法が追加されるのか? という好奇心がネタバレ忌避心に勝ってしまった、という理由だ。


いずれもUESPをチラ見したわけだが、魔法に関しては「虫の杖」の効果でしかなかった「甦り」が習得できるイベントがある、という情報を得た。
''Ghosts of the Hill of Suicides''、つまり「自殺の丘」の亡霊というものが関わるらしい、というところまでは目に入ってしまったのだが、それ以上は調べないようにしていた。
いつかきっとそのイベントに巡りあえるだろう、そう思っていたわけである。

シヴァリング・アイルズに突入してから、フィールドはかなり歩いたし、入れるダンジョンも大体探索してみた。
もちろん、件の「自殺の丘」に立ち寄ったこともあった。

…が、一向に魔法を覚えるイベントが発生する兆しがない。
このイベントはどうしても自分で見つけ出したかったため、UESPには頼りたくなかった。
だが、ディメンシャ側のねじれ窟を紹介する記事を書いた際に、自分の敗北を知ることになった。
ねじれ窟は完全に探索し終えたつもりだったため、UESPを念の為見たのだ。
すると、ねじれ窟に関係するクエストとして、''Ghosts of the Hill of Suicides''と書かれていた。
自分は完全に見逃していたのである。


この段階で負けを認め、''Ghosts of the Hill of Suicides''に関わる他のダンジョンも確認することにした。
するといずれも、一度は行ったことのあるダンジョンだったのだ。
(右のマップに名前を記載したダンジョンが該当場所だ)

このイベントでは、5人の頭骨を回収する必要があった。
自分の場合、飾ってあるアイテムには極力手をつけない、というのがポリシーであるため、それらが名前付きの頭蓋骨だと気づきもしなかった。
どのダンジョンもすぐ近くまで探索していたのに…という無念さを昇華させるために、各頭骨の場所を記録しておこうと思う。

習得できる「甦り」だが、構呪や付呪に使えるわけではないし、天賦の極術であるため1日1回しか使うことができない。
虫の杖があるならそれで十分だろう。
(自分はまだ持っていないため、少しは役に立っている)





サロニア・ヴィリア



マニア側の遺跡「カーン」の「円形劇場」エリアに置かれている。

これは完全にオブジェと信じて疑わなかった頭蓋骨で、見つけ出すのに最も苦労した。

(参考:ダンジョンの該当場所MAP




リマルク



マニア側の遺跡「ミルカール」の「ゼトレム」エリアに転がっている、スケルトンの頭部。

当然単なるスケルトンだと判断し、ボディチェックしかしていなかった。

(参考:ダンジョンの該当場所MAP




ガデネリ・ラルヴェル



ディメンシャ側の洞穴「ナイフポイント・ホロウ」の「礼拝堂」エリアに置かれている。

宝箱を調べるときにほんの少しだけ、ポインタがずれていれば…

(参考:ダンジョンの該当場所MAP




ロレンツ・ボグ=トロッター



ディメンシャ側の洞穴「ねじれ窟」の「失われた地下墓地」エリアの隠し部屋に寝かされているスケルトンの頭部。

隠し部屋自体は苦もなく見つけたのに、これまた単なるスケルトンだと信じて疑わず、ボディチェックだけで頭部を調べなかったことが本当に悔やまれる。

(参考:ダンジョンの該当場所MAP




ム=デシ



ディメンシャ側の洞穴「腐敗の巣」の「聖域」エリアに置かれている。

普通に宝箱調べようとすれば頭骨にポインタが合いそうなものだが…

(参考:ダンジョンの該当場所MAP




次回(オーダーの心臓 - GOTYプレイ日記29)に進む>>
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。