スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊峰の指(コロールの推薦状) - GOTYプレイ日記8

【魔術師ギルドクエスト:霊峰の指】



「霊峰の指」という書物を巡り、ティーキーウスとイラーナの板挟みにあうクエスト。
自分はいつもティーキーウス派だ。

イラーナは結局何をしたかったのだろうか?
本に書かれた知識があれば、他の魔術師たち(プレイヤー含む)に「霊峰の指」魔法の習得方法を教えることができる、つまり魔術の探求が誰にでも開かれた状態になって、彼女の目的が果たされた、ということなのだろうか。

だが、今回のプレイでは「霊峰の指」魔法は習得しない。
ティーキーウスに本を渡した段階で推薦状は発行される為、それで終了だ。
イラーナに本を渡すことは多分ないだろう。





ブラオブリ



コロールの魔術師ギルドは、召喚分野の魔法を扱っている。

自分の場合、購入すべき魔法が多いギルドである。
まとめ買いするとなかなかの額なので、財布と相談しながら。(もちろん召喚スキルが低いうちに買うなんて論外だ)
とはいえ、すでにスキルは75に達しているので、序盤の主戦力となる予定のクランフィア召喚だけは外せない。

コロールで入手できる極大魂石は、錬金屋のアンガルモが持っている1個のほかに、展示ケースにも2個入っている。
極大魂石は別々の展示ケースに入っており、それぞれVeryHardの鍵がかかっているので、現時点では入手を諦めた。

リスポーンあり錬金器具の入っているガラス戸カウンターは4箱分だ。


《習得魔法》
 ・[召喚]クランフィア召喚(クランフィア召喚 45秒-自己)
 ・[召喚]魔力の篭手召喚(魔力の篭手召喚 20秒-自己)
 ・[召喚]魔力の兜召喚(魔力の兜召喚 20秒-自己)
 ・[召喚]魔力のブーツ召喚(魔力のブーツ召喚 20秒-自己)
 ・[召喚]魔力のキュイラス召喚(魔力のキュイラス召喚 60秒-自己)
 ・[召喚]魔力のグリーヴ召喚(魔力のグリーヴ召喚 45秒-自己)
 ・[召喚]魔力の盾召喚(魔力の盾召喚 120秒-自己)
 ・[幻惑]調教の勧め(生物操作 最大レベル2-30秒-遠距離)
 ・[幻惑]自由の剥奪(ヒト操作 最大レベル2-30秒-遠距離)





ブラオブリ



雲の頂きの西南西にあるレイレス砦は、コンジュラー系ダンジョンだ。
なかなか凝ったギミックが用意されていて、探索するには弓が必要になる。

2階層のダンジョンで、2層目の「冬の間」に精鋭召喚士2人と、鍵なしボス宝箱がある。
宝箱までそう遠くはないので、扉前セーブ&ロードで特定のアイテムを狙うのにも適している。

ただし注意したいのは、「冬の間」に至る扉は2つあるが、片方はハズレだということ。
画像の分かれ道左側に進んだ先の扉からは、ボスのいる場所に辿りつけない。

また、ボス宝箱の上には見習い用レトルトが置いてあるので、見つけたらもらっておくのもよい。
(置いてある場所についてはこちら



レイレス砦から南下し、約束破りの洞穴を発見。

ここは1層だけのかなり狭い山賊系ダンジョンだ。
マップを見ると奥のほうに扉アイコンが表示されるが、同じ階層の別通路とつながっているだけのようだ。

入って右手に向かい、崖状になっている場所に登ると鍵なしボス宝箱がある。
入口からかなり近いので、ここも好みのアイテムを狙うのによいかもしれない。



約束破りの洞穴から東に進み、ウェンディルへ。

ここは2層のアンデッド系ダンジョンだが、帝都のとある人に高値で買い取ってもらえる「アイレイドの彫像」がある。

アイレイドの遺跡にしては狭いほうだと思うのだが、罠密度が非常に高い。
落とし穴、せり上がる天井、ギロチン、毒ガス、ダークウェルキンド石と各種揃っているのだ。

アイレイドの彫像のついでに、そばにある鍵ありボス宝箱の中身を取ったら、もう二度と来ないだろう。
帰り道は来た扉とは別の扉からショートカットできることだけが救いだ。



さらに東にあるカルマラ砦は、1層だけの吸血鬼ダンジョンだ。
ネズミ相手に重装などのスキルを上げるのに便利な場所でもある。

渇きの王のそばに鍵なしボス棺、影滅のワイン(×2)あり。
ボス棺は一応ボス宝箱的なものなのだが、なかなか良いアイテムに巡りあえたことがない。

吸血鬼は、低レベル時には手強い敵である。
彼らは常時吸血病100状態、つまり腕力、速度、気力のステータス、格闘や破壊など一部のスキルに+20ptsもの上昇ボーナスを持っているからだ。
さらに通常武器耐性20%を持つ為、戦士キャラの場合は銀武器やマジック武器などで攻撃しないと、与ダメージは20%低下してしまう。(防具などの防御力とは別に)
炎が弱点ではあるが、吸血鬼には炎耐性を持つダンマーも多い為、思ったより削れない、というときもある。

それでも、吸血鬼からは必ず「吸血鬼の遺灰」も入手できるし、渇きの王からは良質な武具類が期待できるなど、吸血鬼狩りのメリットは大きい。
さらに重量0の「黒いローブ」や「暗い色のシャツ」を着ていることもあるので、重量0の服が欲しい場合にも狙い目である。


ちなみに影滅のワインは、帝都近くの宿屋「ウォーネット」に持っていけば、高値で引き取ってくれる。
(初回のみ6本集める必要があるが)

あちこちの砦に置かれているが、いずれもリスポーンするので、定期的に同じ砦に通うだけでもいい。



カルマラ砦の少し北にはディベラの祠がある。
これで3つめの巡礼。

ディベラの祠からは、各祠共通の効果に加え、「ディベラの口づけ(魅力+10pts 600秒)」を受けられる。



buraobli_MAP_08.jpg


次回(ブルーマの推薦状 - GOTYプレイ日記9)に進む>>
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。