スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘技場 - GOTYプレイ日記3

【クエスト:闘技場】



闘技場にエントリーし、出場資格を得る。
近くの棚には闘技場用の鎧が入っているうえにリスポーンあり。
これで重装も軽装も思う存分上げられる。
が、持久力のステータスボーナス欲しさにとりあえず重装で。

名声上げの為に10戦ほど行う予定だが、今はまだ火力不足で一戦ごとにかなり時間がかかる。
スケルトン召喚が思いのほか役に立たないので、炎の煌き→マジカ切れたら逃げつつ回復を待つ→炎の煌き…の戦法を取るしかないのだ。
もったいないが、拾った体力回復薬を飲むしかなかったりもする。(なかなかの金額で売れるのに…)
各地をまわり体力回復薬が一定数集まったら帝都に戻り一戦、という感じで、少しずつ勝ち上がっていくつもりだ。





ブラオブリ



そろそろ本格的にダンジョン巡りを開始したい。
自分の場合、序盤のダンジョン巡りの目的は、お金稼ぎに加え、スキル本集めも重要な要素だ。

スキル本は、ボス宝箱に10%の確率で出現する。
ダンジョンの系統(概ね出現敵と同じ)により発生するスキル本の系統も異なり、
 戦術系:野盗 or アンデッド
 魔術系:コンジュラー or 死霊術師
 隠術系:山賊 or 吸血鬼
で入手できる。
自分の場合、魔術系>隠術系>戦術系の優先順なので、ダンジョン巡りの対象も必然的にコンジュラーや死霊術師ダンジョンに偏り、野盗やアンデッドダンジョンは避けるつもりだ。



まずは帝都のすぐ南西側にあるゾノット洞穴を探索。
ここは山賊系のダンジョンで、2層目の山賊の頭そばに鍵なしボス宝箱がある。
規模が小さく、敵も少なめ。
しかも帝都(の家)から近いので、定期的に立ち寄る狩場としてはまずまずのダンジョンだ。
また、時々オークの冒険者が出没するようである。

山賊系ダンジョンは、低レベルだとマジック装備がほとんど出ないので、金稼ぎという意味では実入りが悪い。
それでも、稀にマジック効果のついた服は入手できるようで、「軽い鎧」という軽装上昇効果を持つ服を入手できたこともある。
(何の役にも立ちそうもないので、さっさと売り払ったが…)

また、何度か通ううちに、スキル本「正当なるリスラヴ」(軽装)をここで入手することができた。



帝都から橋を越え、ウォーネット、ウェイを通り過ぎたら南下してファナカセクル発見。
アンデッド系ダンジョンなので探索は見送り。

ちなみに、この近くの湖には「破壊の指輪」が落ちている。
小さな指輪が水中にそのまま落ちているので、見つけるのは至難の業だ。
水の流れに乗って滑り落ちていってしまうらしく、取るなら早めに取っておかないと見つからないらしい。
魔術師キャラなのでこの指輪は欲しいところなのだが、探し出す手間に見合うだけの価値がない、と言い聞かせ、今回のキャラでは泣く泣く諦めることにした。

すぐ南にヴァーチュー砦を発見するものの、アンデッド系なのでこちらもスルー。



ルマーレ湖沿いに歩き、ヴィンダセルを通り過ぎ、古びた橋近くの塔の石碑へ。
Hard開錠の天賦魔法を習得する為だ。

今回のキャラはスキル管理の都合上、開錠スキルを(少なくとも序盤は)上げられない。
なので、序盤の鍵あり宝箱は1日1回しか使えないこの魔法に頼るつもりだ。
魔術師ロールプレイ的な意味でも、開錠は魔法で済ませたい。

《習得魔法》
 ・[塔の石碑天賦]番人の鍵(開錠 Hard-15ft-遠距離)
 ・[塔の石碑天賦]匠の手(スキル上昇(鍛冶) 20pts-120秒-自己)
 ※星座の石碑魔法は入替可能なので最終的にゴミ魔法1つで済む



これでダンジョン巡りの準備は整ったので、ヴィンダセルまで戻り、内部を探索。

ここにはウンブラという女剣士が住んでいるが、今回の目的は剣でも彼女でもなく宝箱だ。
ネズミとカニくらいしかいないダンジョンなのに、ウンブラの近くにある鍵ありボス宝箱はコンジュラー系らしい。

ただ、入口からボス宝箱まではなかなか距離があるので、ロードを繰り返してアイテムを狙う、という方法には適していない。



ヴィンダセルから道を東に進み、ペルズ・ゲートを過ぎた先にはサルダヴァー・リードがある。

ここはコンジュラー系ダンジョンで、2層目にヴァーラ石(×2)と、精鋭召喚士近くに鍵ありボス宝箱がある。

アイレイドの井戸がダンジョン入口にあり、マジカ不足に悩む序盤はなかなか嬉しい。
(アイレイドの井戸からはマジカ上昇50pts、マジカ回復400ptsの効果を受けられる)


ヴァーラ石があるのは「サルダヴァー・リード・ラッタセル」エリアの、毒ガストラップ部屋だ。
上のほうに飾られているので、罠に注意して足元ばかり見ていると見逃しやすい。
当然手が届く高さではないが、弓矢で射落とすか、魔法を当てて吹き飛ばせば、ヴァーラ石は落ちてくるので回収できる。

自分の場合、同じアイレイドの遺跡を何度も探索することは少ない。
構造が複雑で面倒、宝箱を見逃しやすい、ボス宝箱がどれなのかわかりにくい、などの理由から、足が遠のいてしまうのだ。
とはいえ、高額で売却できるヴァーラ石はとても魅力的なので、ヴァーラ石のある遺跡は1回だけでも行くようにしている。



ついでに、サルダヴァー・リード近くの湖岸にある石碑に立ち寄る。
魔力の弓と兜を召喚できるシドリ=アシャックのルーンストーンだ。

GOTY版でも召喚武具の具現化バグが使えるようなので、魔力武具が欲しければこうしたルーンストーンを使うという手もある。
しかし自分がここに立ち寄った目的は、石碑まわりのホテイアオイ採集だ。



近くにはホームステッド砦もあるが、ここは野盗系ダンジョンなのでスルー。
3層目にボス&鍵なしボス宝箱があったはずなので、戦術系スキル本や重装が欲しい場合はよいかもしれない。



今回の探索ポイント


次回(スキングラードの推薦状(前編) - GOTYプレイ日記4)に進む>>
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。