スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔術師用エンチャント防具

マジカを有効活用する為のエンチャント防具(服)について考えてみた。


●最大マジカの強化

最大マジカの値を強化したければ、「マジカ上昇」をエンチャントすればよい。
しかし、マジカは知力の2倍である為、「知力上昇」をエンチャントしても、マジカの最大値が上がる。

では、「マジカ上昇」と「知力上昇」では、どちらが得か?
単純にマジカの上昇量で比較した場合、魂石でも印石でも、ランクによって結果は変わってくる。

《魂石の場合》
 小以下 「知力上昇」の方がマジカ上昇量は多い
 中 同じ
 大以上 「マジカ上昇」の方がマジカ上昇量は多い

《印石》
 LV1~4 「知力上昇」の方がマジカ上昇量は多い
 LV5~ 「マジカ上昇」の方がマジカ上昇量は多い

いずれも、低ランクのものは知力上昇のほうがマジカ上昇量が多くなるようだ。


●マジカ自動回復速度の強化(精霊座には無縁の話…)

「マジカは今の数値で十分、自動回復速度を上げたい」という場合、気力の強化も検討すべきかもしれない。
しかし、回復速度には最大マジカも重要な要素となる為、「気力上昇」よりも「マジカ上昇(or知力上昇)」の方が有効なことが多い。

マジカ自動回復速度の計算式は以下の通り。
0.01×(0.75+0.02×気力)×最大マジカ

知力、気力と最大マジカによって、「気力上昇」が、「マジカ上昇(or知力上昇)」よりも有効であるかどうかは変わってくる。
最大マジカが高いのに極端に気力が低い、という場合には、「気力上昇」を選択したほうが得策、という場合もあり得るだろう。
逆に、一般的な最大ステータスである、知力100、気力100、マジカ上昇効果なしの状態であれば、気力上昇10ptsエンチャントより、マジカ上昇25ptsエンチャントの方が、最大マジカ値、マジカ回復速度共に勝る為、「気力上昇」を選択するメリットは何もない。


●特定の魔法を使う場合

魔術師キャラの場合、基本的にはマジカ上昇量が多いエンチャントを選んでおけば無難だ。
ただし、特定の魔法を使う場合、マジカ上昇以外の選択肢も有り得る。


《知力が100未満のときに知力低下タイプの無限魔法を使う場合》

知力低下タイプの無限魔法とは、無限魔法まとめの記事で[3]のタイプに当たる。
このタイプの魔法は、かけた後に自分の知力×2(ただし100×2=200マジカが上限)のマジカが戻ってくる仕組みになっているが、素の知力が低ければ当然回復量が減ってしまう。
この状態では、無限魔法どころか、無駄にマジカを喪失してしまう可能性がある。

素直にレベルを上げ、知力を上げても良いのだが、ステータス上昇で100まで強化することでも解決できる。
その為、知力が100未満のときに知力低下タイプの無限魔法を使う場合には、「マジカ上昇」より「知力上昇」の方が適切かもしれない。


《神秘スキルが100未満のときに念動力タイプの無限魔法を使う場合》

念動力タイプの無限魔法とは、無限魔法まとめの記事で[6]のタイプに当たる。
この魔法は、呪文吸収で念動力を吸収できることを利用しているのだが、神秘スキルが低いうちは、吸収してもマジカの回復量が少なく、無限魔法にならない。
原因は、魔法を唱える際のマジカコストが、スキルの値に応じて変動する為だ。

しかし、魔法のマジカコストは、「スキル上昇」効果で上昇したスキル値を元に計算される。
たとえば、神秘スキルの値が25しかなくても、スキル上昇75ptsの効果中なら、神秘スキル100のときと同じマジカコストで魔法を唱えることができるのだ。

念動力自体は神秘スキル25で扱えるようになる為、念動力を組み込んだ無限魔法は(スキル分野によっては)早い段階で構呪できる。
神秘スキル上昇のエンチャント装備があれば、低スキルでもこの無限魔法を使いこなせるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。