スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーマの推薦状 - GOTYプレイ日記9

【魔術師ギルドクエスト:ブルーマの推薦状】



消えたジュスカールを捜し出すクエスト。

ジュスカールを見つける為には、ヴォラナロに協力するか、自力で捜し出す、という選択肢がある。
ヴォラナロに協力すると、自分にとってはゴミでしかない開錠魔法を覚えることになるので、今回は絶対に自力でやり遂げなければならない。


ジュスカールの居場所を特定するのは、それほど難しくない。
生命探知があれば一目でわかるし、生命探知がない場合でも、行動パターンがわかっていれば見つけることは可能だ。
何より右下に「ジュスカール」と表示されるし…

ただ、姿を現してもらうには、ジュスカールに解呪をかける必要がある。
このために、クヴァッチの門を閉じて解呪の印石を入手しておいたのだ。
印石で付呪した解呪のダガー。これで斬りつければジュスカールは姿を現す。

しかし、ただ斬りつけたのでは犯罪になってしまう。
少額の罰金で解決する問題とはいえ、あまり気乗りしない。
そこで、クヴァッチの門でたくさん採集しておいたブラッドグラスを食べることにした。


ブラッドグラスを何個食べれば不可視100%になるかは、ウォートクラフトについてで書いたように、自分の錬金スキルによって変わってくる。
今回は錬金スキル30の状態であったが、1個食べるごとに4%、つまり25個食べなくてはならなかった。

もったいないとも思ったのだが、奇遇なことに、クヴァッチの門で採集したブラッドグラスはちょうど25個あったため、これはやるしかない、と妙なテンションになってしまったのも事実だ。



ブラオブリ



ブルーマの魔術師ギルドでは、特に決まった分野の魔法を売っているわけではない。

だが、「ドレモラ・ロード召喚」が購入できる唯一の場所でもある。
魔術師ギルドクエストを進めていくと購入できなくなってしまうので、早めに買っておきたい。
といっても、召喚スキルに応じて(消費マジカが少なくなり)値段が安くなるので、スキルが低いうちに無理して買うのは得策ではない。

同様に、スキル本「狼の女王 第3巻」(幻惑)も入手不可能になってしまうので、早めにもらっておいたほうがよい。(盗品扱い)
自分はこの時点ではまだ幻惑スキルがやや低く、もったいない気がしたので後日回収に来ることにした。



また、近々行く予定のアズラのクエストでは、捧げ物として「発光する塵」が必要なのだが、都合よくこのギルドの地下に置いてある。
これはここでもらっておけという強いメッセージを感じるので、素直にもらうことにする。

ブルーマで入手できる極大魂石は、錬金屋のセリーナ・オラニアが持っている1個だけ。
他と同様、持ち物に入っているのでスリ盗れる。
ただ、この魔術師ギルドの姿が変わってしまった後は、今の彼女とは別人になってしまうので、持ち物に極大魂石は入っていない。

錬金器具の入っているガラス戸カウンターはなし。
その代わりと言ってはなんだが、錬金素材やスクロールなどが比較的豊富に飾られているようだ。
今の姿のブルーマ魔術師ギルドに入れるうちに、スクロールや錬金素材を根こそぎ拝借しておく、というのも悪くない。



《習得魔法》
 ・[召喚]ドレモラ・ロード召喚(ドレモラ・ロード召喚 35秒-自己)



ブルーマの北門を出て道なりに進んでいくと、曇王の神殿がある。
メインクエストで来る場所だが、クエスト前に発見しておかないと、ジャーナルの地点数にカウントされないらしい。
ジャーナル100%といったものは目指していないが、発見地点がずれるとわかりづらいので、一応見つけておく。

同じように、ジェラール山地の遺跡「セドール」と、ブラックウッドの遺跡「アルペニア」も、ジャーナルの地点数にカウントされない場合があるらしい。
どちらも戦士ギルドクエスト前に見つけておけばよいらしいが、自分のキャラは戦士ギルドに所属する予定がないのであまり関係のない話だ。



道の途中には、メインクエスト「密偵」の舞台ともなるヘストラのルーンストーンがある。
ここでは魔力のダガーと篭手を召喚できる。

石碑のまわりには、スタミナ上昇の効果を持つニガヨモギなどが茂っている。
ここに限らず、ブルーマ近辺にはニガヨモギが自生しているので、こまめに摘んでおくとよいかもしれない。



曇王の神殿の南側には、キャップストーン洞穴という山賊系ダンジョンがある。
2層構造のダンジョンで、2層目の「キャップストーン大洞穴」エリアに鍵ありボス宝箱がある。

ただ、「キャップストーン大洞穴」エリア自体が高い崖と凹地という層構造になっており、扉を出てすぐの凹地部分から上層への通路を抜け、細く危なっかしい橋を渡った先にやっと宝箱がある、といった感じだ。
橋は腐って落ちたりするうえ、宝箱近くには丸太罠もあって危ない。

どうしてもブルーマ近辺で稼ぎたい、というのでなければ、そう何度も行きたくはないダンジョンだ。



湿りの洞穴あたりまでコロール方面に引き返すと、お宝ざくざくの遺跡モランダがある。

モランダは3層構造のモンスター系ダンジョンで、ボス宝箱もある。
嬉しいのは、アイレイドの彫像とヴァーラ石(×2)が手に入ることだ。

1つ目のヴァーラ石は「モランダ・アラタセル」に、2つ目のヴァーラ石とアイレイドの彫像は「モランダ・アバスパニア」にある。


「モランダ・アバスパニア」は毒ガスが充満するエリアで、敵は出現しない。
毒耐性なしでは生きて帰れないのでは…なんてビビリ気味だったが、受けるダメージはたいしたこともなく、ほとんど死ぬ心配はなさそうだ。



buraobli_MAP_09.jpg


次回(シェイディンハルの推薦状 - GOTYプレイ日記10)に進む>>
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

霊峰の指(コロールの推薦状) - GOTYプレイ日記8

【魔術師ギルドクエスト:霊峰の指】



「霊峰の指」という書物を巡り、ティーキーウスとイラーナの板挟みにあうクエスト。
自分はいつもティーキーウス派だ。

イラーナは結局何をしたかったのだろうか?
本に書かれた知識があれば、他の魔術師たち(プレイヤー含む)に「霊峰の指」魔法の習得方法を教えることができる、つまり魔術の探求が誰にでも開かれた状態になって、彼女の目的が果たされた、ということなのだろうか。

だが、今回のプレイでは「霊峰の指」魔法は習得しない。
ティーキーウスに本を渡した段階で推薦状は発行される為、それで終了だ。
イラーナに本を渡すことは多分ないだろう。





ブラオブリ



コロールの魔術師ギルドは、召喚分野の魔法を扱っている。

自分の場合、購入すべき魔法が多いギルドである。
まとめ買いするとなかなかの額なので、財布と相談しながら。(もちろん召喚スキルが低いうちに買うなんて論外だ)
とはいえ、すでにスキルは75に達しているので、序盤の主戦力となる予定のクランフィア召喚だけは外せない。

コロールで入手できる極大魂石は、錬金屋のアンガルモが持っている1個のほかに、展示ケースにも2個入っている。
極大魂石は別々の展示ケースに入っており、それぞれVeryHardの鍵がかかっているので、現時点では入手を諦めた。

リスポーンあり錬金器具の入っているガラス戸カウンターは4箱分だ。


《習得魔法》
 ・[召喚]クランフィア召喚(クランフィア召喚 45秒-自己)
 ・[召喚]魔力の篭手召喚(魔力の篭手召喚 20秒-自己)
 ・[召喚]魔力の兜召喚(魔力の兜召喚 20秒-自己)
 ・[召喚]魔力のブーツ召喚(魔力のブーツ召喚 20秒-自己)
 ・[召喚]魔力のキュイラス召喚(魔力のキュイラス召喚 60秒-自己)
 ・[召喚]魔力のグリーヴ召喚(魔力のグリーヴ召喚 45秒-自己)
 ・[召喚]魔力の盾召喚(魔力の盾召喚 120秒-自己)
 ・[幻惑]調教の勧め(生物操作 最大レベル2-30秒-遠距離)
 ・[幻惑]自由の剥奪(ヒト操作 最大レベル2-30秒-遠距離)





ブラオブリ



雲の頂きの西南西にあるレイレス砦は、コンジュラー系ダンジョンだ。
なかなか凝ったギミックが用意されていて、探索するには弓が必要になる。

2階層のダンジョンで、2層目の「冬の間」に精鋭召喚士2人と、鍵なしボス宝箱がある。
宝箱までそう遠くはないので、扉前セーブ&ロードで特定のアイテムを狙うのにも適している。

ただし注意したいのは、「冬の間」に至る扉は2つあるが、片方はハズレだということ。
画像の分かれ道左側に進んだ先の扉からは、ボスのいる場所に辿りつけない。

また、ボス宝箱の上には見習い用レトルトが置いてあるので、見つけたらもらっておくのもよい。
(置いてある場所についてはこちら



レイレス砦から南下し、約束破りの洞穴を発見。

ここは1層だけのかなり狭い山賊系ダンジョンだ。
マップを見ると奥のほうに扉アイコンが表示されるが、同じ階層の別通路とつながっているだけのようだ。

入って右手に向かい、崖状になっている場所に登ると鍵なしボス宝箱がある。
入口からかなり近いので、ここも好みのアイテムを狙うのによいかもしれない。



約束破りの洞穴から東に進み、ウェンディルへ。

ここは2層のアンデッド系ダンジョンだが、帝都のとある人に高値で買い取ってもらえる「アイレイドの彫像」がある。

アイレイドの遺跡にしては狭いほうだと思うのだが、罠密度が非常に高い。
落とし穴、せり上がる天井、ギロチン、毒ガス、ダークウェルキンド石と各種揃っているのだ。

アイレイドの彫像のついでに、そばにある鍵ありボス宝箱の中身を取ったら、もう二度と来ないだろう。
帰り道は来た扉とは別の扉からショートカットできることだけが救いだ。



さらに東にあるカルマラ砦は、1層だけの吸血鬼ダンジョンだ。
ネズミ相手に重装などのスキルを上げるのに便利な場所でもある。

渇きの王のそばに鍵なしボス棺、影滅のワイン(×2)あり。
ボス棺は一応ボス宝箱的なものなのだが、なかなか良いアイテムに巡りあえたことがない。

吸血鬼は、低レベル時には手強い敵である。
彼らは常時吸血病100状態、つまり腕力、速度、気力のステータス、格闘や破壊など一部のスキルに+20ptsもの上昇ボーナスを持っているからだ。
さらに通常武器耐性20%を持つ為、戦士キャラの場合は銀武器やマジック武器などで攻撃しないと、与ダメージは20%低下してしまう。(防具などの防御力とは別に)
炎が弱点ではあるが、吸血鬼には炎耐性を持つダンマーも多い為、思ったより削れない、というときもある。

それでも、吸血鬼からは必ず「吸血鬼の遺灰」も入手できるし、渇きの王からは良質な武具類が期待できるなど、吸血鬼狩りのメリットは大きい。
さらに重量0の「黒いローブ」や「暗い色のシャツ」を着ていることもあるので、重量0の服が欲しい場合にも狙い目である。


ちなみに影滅のワインは、帝都近くの宿屋「ウォーネット」に持っていけば、高値で引き取ってくれる。
(初回のみ6本集める必要があるが)

あちこちの砦に置かれているが、いずれもリスポーンするので、定期的に同じ砦に通うだけでもいい。



カルマラ砦の少し北にはディベラの祠がある。
これで3つめの巡礼。

ディベラの祠からは、各祠共通の効果に加え、「ディベラの口づけ(魅力+10pts 600秒)」を受けられる。



buraobli_MAP_08.jpg


次回(ブルーマの推薦状 - GOTYプレイ日記9)に進む>>

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

巡礼 - GOTYプレイ日記7

【九大神の騎士クエスト:巡礼】



アンヴィルの推薦状クエストついでに、預言者から話を聞いて巡礼開始。

今後各地の魔術師ギルドをまわりながら、同時に巡礼を進めていこうと思う。

ただ、巡礼を完了させるタイミングは、盗賊ギルド完了後にするつもりだ。
悪名を消したいというのもあるが、何より悪名がない状態で巡礼を完了すると、「巡礼者の恩寵」という天賦魔法を覚えさせられてしまうからである。



ブラオブリ



アンヴィルの埠頭エリアから階段状の通路を登り、進んだ先にマーラの祠がある。
ここが1つ目の巡礼だ。

各祠からは、体力回復200pts、ステータス回復、疾病退散に加え、祠固有の加護が受けられる。
マーラの祠から受けられるのは「マーラの叡知(気力 +10pts 600秒)」だ。

この祠は、メインクエストが「デイゴンの祠」まで進むと破壊されてしまう。
つまり、この位置にアンヴィルの固定門が開くということだ。



アビシアン海沿いに北に進み、ガーラス・マラタールへ。
入口近くにはわずかながらホテイアオイとハスが咲いている。

ここは九大神クエストの敵であるオーロランが出現するダンジョンだ。
クエストで来るときとは異なり、奥へは進めないし、オーロランも2体しか出現しない。
オーロランからはマジック武器である「アイレイドの両手斧」と、デイドラの心臓、稀に魂石を入手できる。
序盤には安定した収入源として、このダンジョンは優良かもしれない。



さらに北上し、ベルダブーロへ。
ここは2層のコンジュラーダンジョンで、1層目にヴァーラ石、2層目の精鋭召喚士近くに鍵ありボス宝箱がある。



ベルダブーロから東に進み、ドラッド卿の私有地へ。

なかなか大きな農場で、私有地と言っても侵入はもちろん、作物を狩るのも自由だ。
ありがたくいただいておこう。

ここで栽培されている作物は、トウモロコシが最も多く、他にはトマト、ジャガイモ、タバコ、イチゴ。
この計画のためにタバコはもちろん回収しておきたいが、イチゴも重量0.1と軽く、他ではあまり栽培されていないので、優先的に採集したい素材だ。



ドラッド卿の私有地からさらに東に進むと、アーケイの祠がある。
ここで2つ目の巡礼だ。

アーケイの祠からは、各祠共通の効果に加え、「アーケイの吐息(体力+10 pts 600秒)」を受けられる。
他の祠はいずれもステータス上昇なのに対し、アーケイだけ体力上昇。
微妙である。



ブリナ・クロスとガットショーの間あたりに、ガーラス・アジーアという遺跡がある。
ここは1層だけの死霊術師ダンジョンで、精鋭死霊術師のいる部屋に鍵なしボス宝箱がある。

毒ガスの充満する部屋が印象的なダンジョンだが、それほど広くはないので、ちょっと立ち寄るにはよいかもしれない。
入口付近にはアロエが何株か自生しているのも魅力。

ただ、ここでの死霊術師との戦いは、何故か砦などより苦戦する場合が多い。
死霊術師は毒耐性があるらしいので、そのせいもあるかもしれないが、何よりアイレイドの遺跡の複雑な構造が敵の動きを予測しにくくするのかもしれない。



buraobli_MAP_07.jpg


次回(霊峰の指(コロールの推薦状) - GOTYプレイ日記8)に進む>>

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

アンヴィルの推薦状 - GOTYプレイ日記6

【魔術師ギルドクエスト:アンヴィルの推薦状】



黄金街道に出没するはぐれ魔術師をつきとめるという任務。
キャラヒルからもらえる氷の盾のスクロール(×3)が地味に嬉しい。

クエスト進行上、必ずベッドで寝る必要があり、確定状態ならレベルアップは避けられない。
ということで1レベルアップし、レベル2に。

オブリの中では美人として人気が高いアリーレと共闘するが、クエストが完了するとアリーレはこのゲームから消えてしまう。

それ以前に、はぐれ魔術師との戦闘中に帝都兵が通りかかると、必ず(?)アリーレたちと戦闘状態になってしまい、カオスな結末になったりもする。





ブラオブリ



アンヴィルの魔術師ギルドは、回復分野の魔法を扱っている。
自分がここで買いたい魔法は、ステータス吸収魔法だ。
構呪・付呪用なのでどれでもよいのだが、なんとなく速度を選んでみた。

《習得魔法》
 ・[回復]ステータス吸収:速度(ステータス吸収(速度) 5pts-20秒-近距離)



各魔術師ギルドからは、レベル1でも極大魂石を入手することができる。
レベルが高くなればいくらでも店売りされるようになるが、低レベルのうちはリスポーンなしで、入手できる数が限られているのだ。

極大魂石は黒魂石にすることで、簡単に極大の魂が手に入るため、是非入手しておきたい。
特に今回は、極大の魂目当てに実戦では使えない召喚モンスターを買いたくはないので、黒魂石に頼らざるを得ないのだ。

アンヴィルで入手できる極大魂石は、錬金屋のフェラン・レラスが持っている1個だけ。
これは所持品に入っているので、スリ盗ることもできる。

アンヴィルに限らないが、ガラス戸カウンターから錬金器具を回収すれば、小銭を稼ぐことができる。
(ガラス戸カウンターは1窓ごとに1収納扱いなので、アンヴィルなら2収納分ある)
リスポーンごとに何度かこの方法で稼げば、極大魂石の費用くらいはすぐに賄えるはずだ。



ギルド3階居住区画の小テーブル上には、希少素材のアンブロシアとリコーが置いてある。
これはリスポーンするので、アンヴィルに立ち寄るたびに回収しておきたい。
(一緒に置いてあるベラドンナは取ってしまうと何故かリスポーンしない)

ギルド内の食卓からは、比較的手に入りにくいスイートケーキを回収。(食料系材料はリスポーンあり)
重さ0.2だが、スタミナ回復と体力回復効果を持っているので、アロエベラの代用品に使えることが多い優良素材だ。



このギルドの謎は、アンヴィル城付魔術師の肩書きを持つ、ベラローンというウッドエルフである。

キャラヒルのところに頻繁に通ってくるのだが、彼は魔術師ギルド員でありながら、実は死霊術師らしい。
死霊術を毛嫌いしているキャラヒルに、死霊術師がいったいどんな思惑で近付いているのだろうか?

自分にとってオブリのヒロインはキャラヒルなので、余計に気になってしまう。

(ベラローンとペアルックになるのが嫌すぎるので、ギルドから水絹のローブを拝借した)



アンヴィルでは、たった5000Gで内装付の豪華な家と、ローグレン・ベニラスが装備している「炎の杖」が手に入る。

当初の計画ではアンヴィルの家をこの段階で購入する予定だったが、なかなかお金が貯まらないので今回は見送ることにした。

「炎の杖」があれば、後の「アズラ」のクエストも楽になるはず、という目論見も、この家を購入したかった理由の一つだった。
だが、マーティンの強さが予想以上だったことや、すでに召喚スキルを75まで上げ、クランフィアを使えるようになったことから、特に必要ないだろうと判断した。

ちなみに、この家は他の家と違い、屋内からのファストトラベルができないので、吸血鬼プレイにはやや使いづらい。



アンヴィル城の「王族の居室」を抜けた先にあるテラスには、「回復の指輪(弱)」がある。
回復スキル6pts上昇効果を持つ指輪なので、回復魔法の消費マジカが減るという有難いアイテムだ。

が、城の中を通って行く場合、不可視などの準備がない序盤では、衛兵を出し抜くのは至難の業だ。
ということで、自分のキャラでは諦めたのだが、よく考えればテラスは屋外、アンヴィルのフィールドエリアなので、外から登れさえすれば何の問題もないことに気づいた。

そこで、実験用のカジートキャラで、絵筆の足場でチャレンジしてみたところ、見事テラスまで登ることができた。
ただし、絵筆技の熟練者でないと相当困難だと思うので、あまりおすすめはしない。
(足元の岩にはまって動けなくなったこともあった)

回復の指輪はテラスのテーブルの上にあり、窃盗扱いにはならない。



アンヴィルに面したアビシアン海には、「フィン・グリーム」という軽装兜が沈んでいる。
生命探知+暗視+水中呼吸の効果がある便利な品だ。

とはいえ、魔術師キャラに碧水晶の兜が似合うわけもない。
使うつもりがないのこのアイテムは、海底に眠らせたままにしておこうと思う。




次回(巡礼 - GOTYプレイ日記7)に進む>>

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

クヴァッチを守れ~帝位継承者の捜索 - GOTYプレイ日記5

【メインクエスト:クヴァッチを守れ】



クヴァッチに開いたオブリビオンの門。

オブリビオンの次元に突入すると、レベル1なので敵はスタンテッド・スキャンプとドレモラ・チャールばかり。
アーソルも囮としてよく働いてくれ、難なく印石の間へ。

序盤にここへ来たのは、ブルーマ推薦状クエストで解呪が必要だからだ。
ゴミ魔法をもらわないために他者解呪が必要なのだが、魔法を買ったら元も子もない。
それならスクロールやマジック武器を使えば、と思ったのだが、解呪効果を持つアイテムが出現するのはレベル6以上らしいのだ。
(プレイヤーよりレベルの高いボス敵の装備狙いなら、もしかしたら出現する可能性があるのかもしれないが…)
自分の計画では、魔術師ギルドクエスト「血虫の兜」をレベル4以下で着手しなければならないため、今レベルを上げるわけにはいかない。

そこでレベルによらず解呪効果を持つものが出現する可能性のある、印石を狙うことにしたのだ。
出現するまでロードを繰り返して粘る必要があったが、運が良かったのか、3~4回のロードで解呪の印石を入手することができた。

クヴァッチの門ではボタン連打で3つの印石を入手することができるが、今回は
 ・(武器)解呪 30pts / (防具) 呪文吸収 7pts
 ・(武器)吸収 知力 5pts-30秒 / (防具) 上昇 知力 7pts
 ・(武器)魂縛 5秒 / (防具) 魔法耐性アップ 5%
という、なかなかのラインナップ。
それぞれ解呪のダガー、知力上昇の靴、魂縛の弓にすることにした。





【メインクエスト:帝位継承者の捜索】



オブリビオンから脱出し、聖堂のマーティンと合流する。
これでまた一人、心強い仲間が増えた。

低レベル時のマーティンは本当に強い。
PC+5というレベルであることに加え、複数の星座を持つことによる補正が強烈なのかもしれない。
アーソルは囮くらいにしかなってくれないが、マーティンはどんどん敵をなぎ倒していってくれる。

マーティンの冷気魔法は味方に誤爆しやすいという欠点があるが、アーソルは敵から離れた場所でスキャンプ召喚していたりするので、割と事故が起きにくい。
万が一マーティンとアーソルが仲悪くなっても、アーソルなら別れれば後腐れのない関係だし…





ブラオブリ



クヴァッチの避難キャンプのすぐ南にダセクムーアという砦があるが、何故かマップアイコンは鉱山になっている。
ここは野盗系のダンジョンで、3層目にボス&鍵なしボス宝箱があったはずだ。

避難キャンプのすぐ西側には、ベレトール鉱山という山賊系ダンジョンがある。
こちらはボス宝箱なしで、いまいち行く気がしない。



どちらのダンジョンも自分にとっては魅力がないので無視し、草をかき分けクヴァッチの北東部へ。

クヴァッチ城壁の北東側すぐ近くにシェトコーム農場がある。
今や無人の農場にも関わらず、作物の実りには影響がないようなので、有難くいただいておく。

ちなみに、農場の屋内に立ち入るとクエスト「沈みし者」が発生するが、発生前にサンドストーン洞窟を探索していると、クエストが進行不能になる可能性があるらしい。



そのまま北に進み、リンチャル砦発見。
外にある死霊術師の祭壇からもわかるように、死霊術師系ダンジョンだ。

3層構造のダンジョンだが、入口から右手に進んだ先の、「騎士の殿堂」エリアに精鋭死霊術師、鍵ありボス宝箱がある。
扉から宝箱までが近いので、ロードを繰り返して好みのアイテムを狙うのに適した場所かもしれない。



buraobli_MAP_05.gif


次回(アンヴィルの推薦状 - GOTYプレイ日記6)に進む>>

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。