スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防具の耐久値と「防御」と「ダメージ反射」

防具の耐久値と、魔法効果の「防御」「ダメージ反射」の関係について、プレイによる検証結果の覚え書き。

UESPで情報を探したけど見つからなかったので、推測を含む内容です。
また、盾に関しては別扱いっぽいですが、検証できていません。



●防具の防御力と耐久値

オブリビオンでの防御力とは、パーセンテージ分ダメージを減らしてくれるというものだ。
たとえば防御力10の防具は、10%分のダメージを減らしてくれるということなので、100ptsの攻撃を受けると、体力は90ptsのダメージを受ける。

だが、防具により減ったダメージは消えてしまうわけではなく、防具が肩代わりして受けてくれているようだ。
肩代わりとはどういうことかといえば、防具により減ったダメージに比例して、防具の耐久値が減る、ということだ。

このことは、防御力が低ければ低いほど、防具の耐久値は消耗しにくいということを示唆している。

100ptsの攻撃を受けたときの例で説明すると、
・防御力10の防具なら、10pts分の耐久値が減る
・防御力1の防具なら、1pts分の耐久値が減る
という感じになるのだと思う。※1

ただし、異なる防具で比較しても、基礎耐久値が異なる為、上記のようには見えないだろう。
ゲーム上で表示される耐久値は、パーセンテージ(現在の耐久値 ÷ 基礎耐久値)であり、一般的に、防御力が低い防具ほど基礎耐久値が低く、防御力が高い防具は基礎耐久値が高いからだ。

その為、自分に重装・軽装のスキル低下をかけることで、検証してみた。
重装や軽装のスキルは、防御力に関係しており、スキルが低くなれば防御力が下がる。
同じ防具(=同じ基礎耐久値)を装備していながら、防御力が異なる場合の比較ができるというわけだ。
そしてその結果、やはり防具の防御力が低いほうが、耐久値の消耗は少なくなった。
(もちろん、その分体力ダメージを受けているわけだが)

NPCに対しても検証してみたが、スキル低下はどうやら有効のようだ。
戦士ギルドの仲間と一緒に戦うときなど、NPCの防具がすぐに壊れてしまうのが嫌だったのだが、スキル低下をかけることで、多少防具の寿命が延びるかもしれない。
(スキル低下は攻撃魔法なので、NPCに対して使う場合には工夫がいるだろうし、体力も余計に回復してあげる必要がある)

※1:ゲーム上での耐久値はパーセンテージ表示なので、実際に減る耐久値が何ptsかは検証できていない。


●魔法効果「防御」について

「防御」(「炎の盾」などの盾魔法含む)とは、防御力をアップさせる魔法だ。
防具装備時、アイテム画面には現在の防御力が表示されるが、「防御」の魔法を使うとこの数値に反映される。

この「防御」の魔法を使い、防御力を上昇させている場合、装備している防具の消耗に影響するようだ。
これは上の項でも説明した通り、防御力でカットされたダメージは、防具が肩代わりすることになっているからだ。

100ptsの攻撃を受けたときの例で説明すると、
・防御力1の防具装備中 → 1pts分の耐久値が減る
・防御力1の防具装備+「防御」85%効果中 → 85pts分の耐久値が減る※2
という感じになるのだと思う。

つまり、防御力の低い防具を装備中に「防御」効果で大幅に防御力アップさせていると、防具の耐久値の消耗が早くなるということだ。
防御力の低い一体型防具装備時や、1パーツだけ防具装備時などだと非常によくわかる。

ただ、複数パーツ防具装備※3している場合、攻撃を受けているのに何故かどのパーツも消耗しない場合があった。
複数パーツ防具装備時、どのパーツの耐久値が減る仕組みになっているのかはよくわからない。

※2:防御力の最大有効値は85%である為、86%分カットすることはできない
※3:耐久値のある防具を2個以上装備中、という意味。
   裸+1パーツ防具の場合はもちろん、服+1パーツ防具の場合も、攻撃を受ける都度、防具が損傷する。


●魔法効果「ダメージ反射」について

「ダメージ反射」は、自分が受けた物理ダメージを相手に反射するというものだ。
100%状態だと防具の耐久値は減らない。
ダメージをカットして、自分が受けなかったことにしてくれている、ということだろう。

では、「ダメージ反射」のパーセンテージが低い場合はどうか?
「ダメージ反射」50%の状態で検証してみたが、防具の耐久値の消耗はおよそ半分程度になった。

つまり、「ダメージ反射」でカットした残りのダメージだけ、防御力で肩代わりするということだろう。

防御力10、100ptsの攻撃を受けたときの例で説明すると、
「ダメージ反射」で50pts分カット → 残り50ptsの10%を防具で肩代わりする為、体力ダメージは45pts、防具の耐久値損傷は5pts
となるのではないかと思う。
スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

自己ステータス減退薬(腕力・持久力)

自分の腕力と持久力をあえて下げる為のポーション。
腕力がゼロになっても移動ができるよう、プラス効果には軽量化を選んだ。



□効果

 ・減退 腕力
 ・減退 持久力
 ・軽量化



□レシピ
  ()内は重量

 《スキルレベル:熟練者》
  オニユリの花蜜(0.1)※1 × サクラソウの葉(0.1)※1 × ソムナリウスの葉(0.1) × ハゴロモグサの葉(0.1)

  ※1:リーキでも代用可




二周目のオブリビオンさんの死霊術師のアミュレットの呪いを解くのテクニックを実践する為に作成したポーション。

「死霊術師のアミュレット」の他にも、マジカ上昇50pts効果を持つ「変性の指輪」を装備する際にもこのテクニックが使える。
(「変性の指輪」はブラヴィルの幸運を運ぶ魔法店で販売している)

聖堂の祭壇前でステータスがゼロになるまでこのポーションを飲み、すぐにお祈りで回復すればよいのだが、腕力ゼロの状態でも移動できる方が便利なので、軽量化をつけた。
ただし、腕力ゼロまで下げると、軽量化では現在所持している重量が最大値になってしまう。
つまり、追加でアイテムを持つことはできない。

他の錬金器具のランクにもよるが、概ね「素人用蒸留器」を使うと副作用の効果が高くなるのでうまく利用したい。



□主な材料調達場所

 オニユリの花蜜 … スキングラード周辺
 サクラソウの葉 … スキングラード周辺
 ソムナリウスの葉 … グレートフォレスト、レヤウィン周辺
 ハゴロモグサの葉 … ゴトルズフォント修道院周辺
 リーキ … 畑(シェトコーム農場等)

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

軽量化と負担の関係

●「軽量化」について

通常、「軽量化」を使うと、荷物を持てる上限値が増えたかのように表示される。
しかし実際には、持っている荷物を文字通り軽くしているだけだ。

最大重量(荷物を持てる上限値)が200のときに、軽量化100ptsを使用した場合を、所持重量ごとに比較してみた。

 所持重量/最大重量  →  軽量化100pts使用後の 
 所持重量/最大重量 
 150/200 150/300
 50/200 50/250
 0/200 0/200


基本的には軽量化のポイント分が最大重量にプラスされるが、所持重量が少ない場合、所持重量分しか最大重量にプラスされない。
何も持っていない場合に至っては、軽量化の効果はまったく発揮されない。
つまり、現在の所持重量を超えた軽量化のポイントは無駄になってしまうというわけだ。

軽量化使用後に所持重量が増えてしまったとき、魔法ならかけ直し、エンチャントなら装備し直しで、軽量化の効果を100%発揮できるように上書きすることができる。
しかし、飲んでしまったポーションの効果は上書きできない。
すでにポーション服用可能上限数に達している場合、効果時間が切れるまで待ってから、ポーションを飲み直す羽目になるかもしれない。


●「負担」について

「軽量化」は「負担」によって増えた重量に対しても効果を発揮する。
その為、「軽量化」と「負担」を併用することにより、「軽量化」の効果を100%発揮できるようにすることも可能だ。

《例》
[1]所持重量 0 / 最大重量 200のときに「負担100pts」を使う。
 →所持重量 100 / 最大重量 200
[2]「負担」の効果中に「軽量化100pts」を使う。
 →所持重量 0 / 最大重量 200
[3]「負担」が切れ、「軽量化」の効果のみ残る。
 →所持重量 0 / 最大重量 300


「負担100pts-1秒+軽量化100pts-120秒」というように、両効果を組み合わせた魔法でも同じ効果を発揮する。
とはいえ、魔法の場合は荷物が増えたらかけ直せば、設定ポイント分までは上書きして高めることができるので、実用性は低い。

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

解毒+解呪

解毒と解呪を組み合わせたポーション。



□効果

 ・解毒
 ・解呪
 ・体力減退



□レシピ
  ()内は重量

 《スキルレベル:修行者》
  チョウセンニンジン(0.1) × オトギリソウの花蜜(0.1) × ベルガモットの種(0.1) × ブドウ(0.1)※1

 ※1:スキルレベル熟練者以上で発現してしまう



敵から攻撃を喰らった際、画面右上にダメージ系の魔法効果アイコンが表示されることがある。
アイコン自体は毒でも魔法でも同じものである為、ジャーナルの「発生中の効果」画面を確認しないと、「解毒」を使えば良いのか、或いは「解呪」を使えば良いのか判断できない。

その確認が面倒な場合の為に、「解毒」と「解呪」を組み合わせたポーションだ。
それほどホットキーを使用していない戦士キャラなら、これを登録しておくのもありかもしれない。

錬金時の注意点だが、このポーションを作成する際には、「レトルト」を使用し、「焼炉」は使用しないこと。
これは、「解呪」のみ効果の計算式が異なる為で、全ての器具が同じランクであれば、「乳棒と乳鉢」+「レトルト」で作成した場合が最も効果が高くなる。
(このレシピの場合は副作用の効果を抑える為「蒸留器」が必要だが、「解呪」効果への影響はない)

使用時の注意点は、「解呪」が思うように働かないかもしれないという点だ。
「解呪」で打ち消せるのは、通常の魔法のみ。
天賦の術やマジック武器の魔法効果は打ち消すことができないが、画面上のアイコンだけでは見分けがつかない。
解呪のポイント(規模)については、こちらを参考に。



□主な材料調達場所

 オトギリソウの花蜜 … コロール周辺
 チョウセンニンジン … ブラヴィル周辺、シェイディンハル周辺
 ブドウ … 畑(スキングラード西門近く)
 ベルガモットの種 … アンヴィル周辺



・解呪、解毒の効果を持つ材料は他にもあり、今回の材料は一例。
 ただし、どの組み合わせでもマイナス効果は発生する模様。

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

魔術師用エンチャント防具

マジカを有効活用する為のエンチャント防具(服)について考えてみた。


●最大マジカの強化

最大マジカの値を強化したければ、「マジカ上昇」をエンチャントすればよい。
しかし、マジカは知力の2倍である為、「知力上昇」をエンチャントしても、マジカの最大値が上がる。

では、「マジカ上昇」と「知力上昇」では、どちらが得か?
単純にマジカの上昇量で比較した場合、魂石でも印石でも、ランクによって結果は変わってくる。

《魂石の場合》
 小以下 「知力上昇」の方がマジカ上昇量は多い
 中 同じ
 大以上 「マジカ上昇」の方がマジカ上昇量は多い

《印石》
 LV1~4 「知力上昇」の方がマジカ上昇量は多い
 LV5~ 「マジカ上昇」の方がマジカ上昇量は多い

いずれも、低ランクのものは知力上昇のほうがマジカ上昇量が多くなるようだ。


●マジカ自動回復速度の強化(精霊座には無縁の話…)

「マジカは今の数値で十分、自動回復速度を上げたい」という場合、気力の強化も検討すべきかもしれない。
しかし、回復速度には最大マジカも重要な要素となる為、「気力上昇」よりも「マジカ上昇(or知力上昇)」の方が有効なことが多い。

マジカ自動回復速度の計算式は以下の通り。
0.01×(0.75+0.02×気力)×最大マジカ

知力、気力と最大マジカによって、「気力上昇」が、「マジカ上昇(or知力上昇)」よりも有効であるかどうかは変わってくる。
最大マジカが高いのに極端に気力が低い、という場合には、「気力上昇」を選択したほうが得策、という場合もあり得るだろう。
逆に、一般的な最大ステータスである、知力100、気力100、マジカ上昇効果なしの状態であれば、気力上昇10ptsエンチャントより、マジカ上昇25ptsエンチャントの方が、最大マジカ値、マジカ回復速度共に勝る為、「気力上昇」を選択するメリットは何もない。


●特定の魔法を使う場合

魔術師キャラの場合、基本的にはマジカ上昇量が多いエンチャントを選んでおけば無難だ。
ただし、特定の魔法を使う場合、マジカ上昇以外の選択肢も有り得る。


《知力が100未満のときに知力低下タイプの無限魔法を使う場合》

知力低下タイプの無限魔法とは、無限魔法まとめの記事で[3]のタイプに当たる。
このタイプの魔法は、かけた後に自分の知力×2(ただし100×2=200マジカが上限)のマジカが戻ってくる仕組みになっているが、素の知力が低ければ当然回復量が減ってしまう。
この状態では、無限魔法どころか、無駄にマジカを喪失してしまう可能性がある。

素直にレベルを上げ、知力を上げても良いのだが、ステータス上昇で100まで強化することでも解決できる。
その為、知力が100未満のときに知力低下タイプの無限魔法を使う場合には、「マジカ上昇」より「知力上昇」の方が適切かもしれない。


《神秘スキルが100未満のときに念動力タイプの無限魔法を使う場合》

念動力タイプの無限魔法とは、無限魔法まとめの記事で[6]のタイプに当たる。
この魔法は、呪文吸収で念動力を吸収できることを利用しているのだが、神秘スキルが低いうちは、吸収してもマジカの回復量が少なく、無限魔法にならない。
原因は、魔法を唱える際のマジカコストが、スキルの値に応じて変動する為だ。

しかし、魔法のマジカコストは、「スキル上昇」効果で上昇したスキル値を元に計算される。
たとえば、神秘スキルの値が25しかなくても、スキル上昇75ptsの効果中なら、神秘スキル100のときと同じマジカコストで魔法を唱えることができるのだ。

念動力自体は神秘スキル25で扱えるようになる為、念動力を組み込んだ無限魔法は(スキル分野によっては)早い段階で構呪できる。
神秘スキル上昇のエンチャント装備があれば、低スキルでもこの無限魔法を使いこなせるかもしれない。

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。