スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレモラ・ロード強化武器

召喚クリーチャー強化武器と同様だが、こちらはドレモラ・ロード専用。
攻撃目的ではないので、攻撃力が低いダガー推奨。



□効果

 ・ヒト操作 最大レベル19 1秒
 ・スキル上昇:刀剣 6pts 28秒
 ・スタミナ上昇 100pts 28秒
 ・魔法耐性ダウン100pts 1秒

 使用回数 … 18回(極大魂石)



ドレモラ・ロードの正体はレベル19固定のドレモラ・マルキナズである。
マルキナズの刀剣スキルは62しかないため、これを+38強化するのも攻撃力アップには欠かせない。

スキル上昇はそこそこコストが高いため、持続を長くすると十分な規模に設定できない。
そこで魔法耐性ダウンを組み合わせ、重ねがけ(今回の場合は武器なので連続攻撃)により規模を高めていくのが妥当だ。
しかし、マルキナズは魔法耐性が45%もあるため、とにかく魔法の効きが悪い。
召喚クリーチャー強化武器では2回攻撃では敵対されないことを利用したが、たった2回で刀剣+38など程遠いため、今回はヒト操作を加えて何度攻撃しても敵対させないようにした。
(マルキナズ専用なので、操作のレベルは19にしている)

この武器をマルキナズに使った場合、12回連続で当てたところでようやく刀剣スキル+39、つまり100に達する。
その時点ではスタミナも+660となり、攻撃力は約3倍になった。

3倍攻撃力とはいえ効果時間たった28秒のために、武器の魔力を2/3も消費する価値があるかは悩みどころだ。

スポンサーサイト

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

召喚クリーチャー強化武器

召喚クリーチャーを強化するための武器。
攻撃目的ではないので、攻撃力の低いダガー推奨。



□効果

 ・スタミナ上昇 100pts 40秒
 ・ステータス上昇:速度 3pts 40秒
 ・発光 20ft 40秒
 ・魔法耐性ダウン 100pts 1秒

 使用回数 … 18回(極大魂石)



以前この記事で、召喚クリーチャーに何回攻撃を当てると敵対するかについて検証した。
武器による攻撃は3回、魔法(呪文)による攻撃は魔法効果の種類や効果数による、と書いたが、エンチャント武器の場合はどうか? についてはすっかり忘れていた。

そこで確認してみたのだが、エンチャント武器も、通常武器同様3回攻撃した時点で敵対した。
もちろん、付呪された魔法効果の種類や効果数によらず、である。
逆に言えば、2回までならどんな武器で攻撃してもOKなわけだ。

これを利用して、召喚クリーチャーを強化する目的のエンチャント武器を作ろう、というのが今回のコンセプトだ。
攻撃力強化目的のスタミナ上昇、移動速度を速めるための速度上昇、ついでにたいまつの代用になってもらうために発光を加えてみた。
連続攻撃により効果を強めるために魔法耐性ダウンも加えたものの、敵対を避けるため、攻撃を与えられるのは2回までである。

秒数を40秒にしたのは、愛用しているクランフィアを意識して作成したため。
クランフィアにこの武器を2発当てると、攻撃力は約1.4倍になった。

1秒以内に2発目を…と焦りすぎて3発当ててしまいがちなのが難点だろうか。


テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

激昂+挑発の弓

敵を同士討ちさせたり、一般NPCの先制攻撃を誘って正当防衛殺人を行うための範囲魔法弓。



□効果

 ・発光 3ft(規模) 20ft(範囲) 10秒
 ・激昂 最大レベル25 20ft 10秒
 ・挑発 100pts 20ft 10秒

 使用回数 … 21回(極大魂石)



いわゆる激昂+挑発魔法を、エンチャント弓にしただけのもの。

発光は暗いダンジョン内で効果が有効になった敵がわかりやすい&敵同士が互いを見失いにくくなるのでは? という期待から。(実際の効果の程は不明)

挑発は一般NPCなどが逃げにくくなる、という効果らしいので、山賊など敵性NPCの同士討ち狙いなら省いても問題なさそうだ。
(激昂のみならシヴァリング・アイルズで習得する機会がある為、これを利用して作ってみるのもよい)

一般NPCに使用する場合は、範囲魔法弓の当たり判定があるオブジェクトに矢を当てるか、召喚クリーチャーに矢を当て、範囲魔法に巻き込むようにすれば犯罪にならない。



スクゥーマ窟にて。
突然戦意に火をつけられたからか、消えていたわけではないのに何故かこんなセリフが。

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

暗殺者の弓

これがあれば「ずっと俺のターン」が可能な弓用エンチャント。



□効果

 ・体力低下 100pts 1秒
 ・ステータス低下:速度 100pts 1秒
 ・魂縛 1秒

 使用回数 … 26回(極大魂石)



敵に速度低下をかけると戦闘状態を解除させる効果があるが、このとき一定距離離れていると、何故かこちらを見失ってしまう。
その為、このエンチャント弓を使って隠密攻撃をすれば、隠密攻撃を何度でも繰り返せる。
しかもこちらで書いたように、召喚士に当てれば召喚クリーチャーを消すこともできる。

体力低下100ptsは、弓の攻撃力に100pts上乗せされるようなイメージだ。
ただし、一撃で殺しきれない相手の場合は1秒で効果が切れる為、とどめの一撃にしか意味がない。

実際に使ってみた動画がこちら↓

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

魔術師用エンチャント防具

マジカを有効活用する為のエンチャント防具(服)について考えてみた。


●最大マジカの強化

最大マジカの値を強化したければ、「マジカ上昇」をエンチャントすればよい。
しかし、マジカは知力の2倍である為、「知力上昇」をエンチャントしても、マジカの最大値が上がる。

では、「マジカ上昇」と「知力上昇」では、どちらが得か?
単純にマジカの上昇量で比較した場合、魂石でも印石でも、ランクによって結果は変わってくる。

《魂石の場合》
 小以下 「知力上昇」の方がマジカ上昇量は多い
 中 同じ
 大以上 「マジカ上昇」の方がマジカ上昇量は多い

《印石》
 LV1~4 「知力上昇」の方がマジカ上昇量は多い
 LV5~ 「マジカ上昇」の方がマジカ上昇量は多い

いずれも、低ランクのものは知力上昇のほうがマジカ上昇量が多くなるようだ。


●マジカ自動回復速度の強化(精霊座には無縁の話…)

「マジカは今の数値で十分、自動回復速度を上げたい」という場合、気力の強化も検討すべきかもしれない。
しかし、回復速度には最大マジカも重要な要素となる為、「気力上昇」よりも「マジカ上昇(or知力上昇)」の方が有効なことが多い。

マジカ自動回復速度の計算式は以下の通り。
0.01×(0.75+0.02×気力)×最大マジカ

知力、気力と最大マジカによって、「気力上昇」が、「マジカ上昇(or知力上昇)」よりも有効であるかどうかは変わってくる。
最大マジカが高いのに極端に気力が低い、という場合には、「気力上昇」を選択したほうが得策、という場合もあり得るだろう。
逆に、一般的な最大ステータスである、知力100、気力100、マジカ上昇効果なしの状態であれば、気力上昇10ptsエンチャントより、マジカ上昇25ptsエンチャントの方が、最大マジカ値、マジカ回復速度共に勝る為、「気力上昇」を選択するメリットは何もない。


●特定の魔法を使う場合

魔術師キャラの場合、基本的にはマジカ上昇量が多いエンチャントを選んでおけば無難だ。
ただし、特定の魔法を使う場合、マジカ上昇以外の選択肢も有り得る。


《知力が100未満のときに知力低下タイプの無限魔法を使う場合》

知力低下タイプの無限魔法とは、無限魔法まとめの記事で[3]のタイプに当たる。
このタイプの魔法は、かけた後に自分の知力×2(ただし100×2=200マジカが上限)のマジカが戻ってくる仕組みになっているが、素の知力が低ければ当然回復量が減ってしまう。
この状態では、無限魔法どころか、無駄にマジカを喪失してしまう可能性がある。

素直にレベルを上げ、知力を上げても良いのだが、ステータス上昇で100まで強化することでも解決できる。
その為、知力が100未満のときに知力低下タイプの無限魔法を使う場合には、「マジカ上昇」より「知力上昇」の方が適切かもしれない。


《神秘スキルが100未満のときに念動力タイプの無限魔法を使う場合》

念動力タイプの無限魔法とは、無限魔法まとめの記事で[6]のタイプに当たる。
この魔法は、呪文吸収で念動力を吸収できることを利用しているのだが、神秘スキルが低いうちは、吸収してもマジカの回復量が少なく、無限魔法にならない。
原因は、魔法を唱える際のマジカコストが、スキルの値に応じて変動する為だ。

しかし、魔法のマジカコストは、「スキル上昇」効果で上昇したスキル値を元に計算される。
たとえば、神秘スキルの値が25しかなくても、スキル上昇75ptsの効果中なら、神秘スキル100のときと同じマジカコストで魔法を唱えることができるのだ。

念動力自体は神秘スキル25で扱えるようになる為、念動力を組み込んだ無限魔法は(スキル分野によっては)早い段階で構呪できる。
神秘スキル上昇のエンチャント装備があれば、低スキルでもこの無限魔法を使いこなせるかもしれない。

テーマ : Oblivion
ジャンル : ゲーム

プロフィール

アルケミー

Author:アルケミー
XBOX360版のOblivionをプレイしてます。(現在GOTY中…ですがSKYRIMも始めてしまいました)

このブログは、主に錬金ポーションや自作魔法のレシピを取り扱っています。
魔法効果の検証なども行っておりますが、個人の推測を大いに含んでいる場合があります。

また、紹介している記事にはバグ技も含まれますので、ご使用の際には自己責任でお願いします。

目次
検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。